転職で失敗しないために

 たとえば給料が仕事に見合っていない。会社の将来が不安であったり、上司についていけないと感じたりすると、転職したいと思うのは当然かもしれません。また、自分にはこの仕事があっていないんじゃないか?自分にあった仕事先があるのではないか?なんて思うこともあると思います。

 

 しかし、転職したいと思うことと、実際に動き出すことはぜんぜん違います。転職をするときに失敗しないために必要なこと、それは一番に「覚悟」ではないでしょうか?仕事をしている上で、どの場所にでもいやなことや納得できないことは起きてきます。そのたびに転職することはできませんよね。

 

 覚悟とは、たとえば転職した先で、今と同じ現状になってしまったときでも、ちゃんと耐えるということです。耐えてでもやりたい、そう思える転職先を探すようにしましょう。転職先の会社で、一番不安に思われているのは、再び転職されることですからね。

 

 また、転職で失敗する人にはおおく共通点があります。それは、自分視点でしか物事を見れていないということ。会社の立場に立って一度考えることをお勧めしまう。

 

 また、転職したり、転職活動するときに必要なのは、自分をきちんとりかいすることです。自分には何ができるのか、自分の弱点はなんなのか?漠然としたものではなく、きちんと即戦力になるような力があるのかどうかを把握していないと、転職先はなかなか見つからないと思います。

 

【参考ページ】
30歳からの転職
30歳からの転職で一歩先を行くための情報!

 

連合東京 ホームページ

 

 会社が中途採用に求めること。それは、新卒とは違い、多くのプレッシャーがあります。新卒には若いしできなくても当たり前と思ってもらえますが、中途採用者には即戦力が求められます。周りとの人間関係、結果を出さなきゃいけないプレッシャー、今までとは違ういろいろなストレスと戦う、向き合う覚悟を持って転職を決めましょう。