ハイクラスの転職について

 転職でキャリアアップをはかる上で、年収のひとつの目標となるのが1000万という水準です。ひとまずはここを目指しているという方も多いでしょう。

 

 この年収1000万というクラス、転職においてここに到達する場合、ほぼ全て管理職以上の採用といって差し支えありません。しかもこういう高いポストに就く人材を求める多くの場合は、新規のプロジェクトを立ち上げる準備を密かに行っているので、求人自体も非公開、もしくは完全なヘッドハントというケースが多いです。よって転職活動においても、通常のものとはかなり違った流れになります。

 

<転職情報紹介>
30代の転職サイトとは
30代に最適な転職サイトとは一体どこなのか。

 

 自分から動く場合は、基本的にはエグゼクティブ・クラスを専門に扱う人材紹介会社に登録することになります。この時点でかなり高い年収や経歴が求められるため、多くの人は申し込んでも門前払いに遭うでしょう。そしてプロフィールを登録して、あとはヘッドハンティングを待つということになります。管理職以上の求人はもともと少く、上記などの理由によりほぼ非公開なので、希望者のほうから応募するという形式はあまり採られません。ただ待つだけしかないのですが、やはり優れた経歴の持ち主はすぐに複数から引き合いがくることもあるようです。

 

 登録するためのハードルは高いですが、もしそれをクリア出来ているとなれば、そこから更ににキャリアを引き上げられるチャンスにめぐり逢えるかもしれません。