あまり焦って決めない事が重要

こういう事を言うと怒られるかも知れませんが、あまり「会社に就職したい!」とばかり思わない方が良いのではないでしょうか?

 

断言しますが、就職して働き出したら間もなく、

 

 会社を退職したい!

 

と感じ始めると思います。

 

 

不景気なのは判りますし、一刻も早く就職先を決めて「安心したい」気持ちは良く判ります。自分も何度も無職になった人間ですから、あの辛さは良く判ります。収入が無い不安に加え、なんだか自分という人間自体を否定された様な感覚。(変な喩えですが、ちょっと恋愛にも似ていますよね)

 

しかし、焦って会社を決めてしまうと、やっぱり後から後悔する事になります。無論、どんな会社にも良い点と悪い点はありますから、何かの形で後悔はするのですが・・・。

 

 本当に自分が行きたい会社

 

なのか、

 

 ここなら入れそうだから

 

と妥協して入った会社なのか、でかなり違いが出ます。

 

というのは、あなたが「妥協して入った」会社だって、社員を選ぶ権利はあるワケです。「ここでもいいや」という社員よりも「是非、この会社に!」という人を採用したいに決まっています。その「思いの差」は、やっぱり就業後に、いろいろな形で出てきてしまいます。

 

「特に入りたくなかった会社」だと、マイナス面はものすごく強く響いてきます。逆に、予想外のプラス要素は、あまりうれしく感じません。どうしても、勤務態度に差が出てしまいますし、それは周囲が敏感に感じ取るものです。最終的に、悪い形で会社を辞める事になるのであれば、無理な就職はマイナスにしかなりません。

 

やはり最悪なのは、

 

 あいつは、やる気が全く無い!

 

と言われる事です。名指しでこんな事を言われたら、あなたを採用しようという会社は、ほぼ無くなってしまう事でしょう。

 

逆に、同じ会社を辞めるのでも、

 

 あいつは、すごくやる気があって、かなり頑張ったんだけどなぁ・・・

 

と、元上司や同僚に惜しまれるのであれば、「うちに来てみますか?」という会社は有ると思います。

 

という事で、「やる気」すら無くなってしまう様な会社へは、就業を目指すべきではありません。生活費に本当に困っているなら已むを得ませんが、そうでないならば、いっそ、資格を取るとか、何かを勉強するとか、「本当に入りたい会社」に入る為の実績作りに時間を使った方が、長い目で見れば有意義だと思います。

 

一度、冷静になって、ちょっと長い目で「計画」を練るのが良いと思いますよ。