大学生の就職活動について

 近年、大学生の就職活動は不景気の影響でとても厳しい環境になっています。しかし、それでも内定をもらえる人はたくさん内定をもらうことができています。就職活動は、主に書類審査と面接です。

 

 まず書類審査で見られる部分ですが、やはりいまだに学歴は合否に対して大きな影響力があります。しかし、学歴は変えることができません。そこで、他に見られる部分としては挙げられる部分は、資格です。業界に合っている資格を持っているというのはとても大きな武器になります。面接までたどり着ける可能性がかなり上がります。ただし資格のおかげで書類選考は通り、面接にたどり着くことはできても、面接では他の項目の学生時代の経験などが注目されがちです。だからといって、就職活動が始まってから何か経験をするというのも難しいと思います。

 

 そこで、面接のコツとしては自分の経験の中から話せるものをしっかりと見つけておくということと、相手の目をしっかり見るということです。できる限り相手の目をしっかり見て、そらさないように心がけましょう。目を見ているつもりでもキョロキョロしてしまっているという学生は非常に多くいます。そうなると挙動不審に見えて、あまりいい印象を面接官には持たれないでしょう。

 

 また、書類選考も面接も自分をアピールするためのものです。相手の会社のことを勉強しているということをアピールしたり、自分はこういう人間であるということを分かってもらえるように振る舞うことが大切です。

 

 嘘をついたりして演じる必要はないと私は考えています。